正化31年4月末日記念本

正化31年4月末日記念本

  • Physical (direct)
    Ships within 5 days
    500 JPY

図書戦YEAR、そして平成が終わりを迎える今月末日という節目に何か出したい。 図書館と言えば日野。そして昨年TVアニメ放送10周年を迎えたアニメ版オリジナル回(第6回)の舞台である日野周辺巡礼本を発行する事にしました。 A5横/オールカラー/16P/おまけマルチクロス付き おまけについて(全員付きます) https://twitter.com/libwar2019/status/1119177017067335680 発送日と送料 5/24までのご注文→定形外140円で、5/24か5/25にまとめて発送の予定 5/25以降のご注文→クリックポスト(185円)で5/27以降、数日毎にまとめて発送 4月末までにお手元に届けたいという事が企画の一部であり、またGW中の郵便事情により、少々変則的ですがご容赦下さい。あと来月に入って届いた場合はごめんなさい…… 本と呼べるほどの厚さではないです。薄い。 本としては、作中の位置がはっきりしなかったり、操車場内など入れない場所が多かったり、半分はイメージや連想中心の謎仕様になっています。 TVアニメ版第6話「図書隊ハ発砲セズ」という作品は、制作当時の状況、織り込まれた想い、選ばれた舞台、キャラクター、ストーリー、劇場版「革命のつばさ」とも重なる演出、そして見ている私達への問いかけといった様々な要素を持った作品です。 今回の本は大変ささやかの一言に尽きますが、元作品に触れる一助になれば幸いです。 本には解説は載っていません。 本がお手元に届く頃までには、写真の場所解説や、上記の諸々を含めて掲載する予定ですので、併せて読んで頂ければと思います。 https://libwar2019.hatenablog.jp/ ちなみに表紙の意味合いは、 平成31年のif、鏡合わせの正化31年。‬ ‪良化隊と図書館の自由法の存在しない世界と、存在する世界。‬―――といった感じです。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

図書戦YEAR、そして平成が終わりを迎える今月末日という節目に何か出したい。 図書館と言えば日野。そして昨年TVアニメ放送10周年を迎えたアニメ版オリジナル回(第6回)の舞台である日野周辺巡礼本を発行する事にしました。 A5横/オールカラー/16P/おまけマルチクロス付き おまけについて(全員付きます) https://twitter.com/libwar2019/status/1119177017067335680 発送日と送料 5/24までのご注文→定形外140円で、5/24か5/25にまとめて発送の予定 5/25以降のご注文→クリックポスト(185円)で5/27以降、数日毎にまとめて発送 4月末までにお手元に届けたいという事が企画の一部であり、またGW中の郵便事情により、少々変則的ですがご容赦下さい。あと来月に入って届いた場合はごめんなさい…… 本と呼べるほどの厚さではないです。薄い。 本としては、作中の位置がはっきりしなかったり、操車場内など入れない場所が多かったり、半分はイメージや連想中心の謎仕様になっています。 TVアニメ版第6話「図書隊ハ発砲セズ」という作品は、制作当時の状況、織り込まれた想い、選ばれた舞台、キャラクター、ストーリー、劇場版「革命のつばさ」とも重なる演出、そして見ている私達への問いかけといった様々な要素を持った作品です。 今回の本は大変ささやかの一言に尽きますが、元作品に触れる一助になれば幸いです。 本には解説は載っていません。 本がお手元に届く頃までには、写真の場所解説や、上記の諸々を含めて掲載する予定ですので、併せて読んで頂ければと思います。 https://libwar2019.hatenablog.jp/ ちなみに表紙の意味合いは、 平成31年のif、鏡合わせの正化31年。‬ ‪良化隊と図書館の自由法の存在しない世界と、存在する世界。‬―――といった感じです。